極楽トンボのブログ
極楽トンボのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の童話だヨ!

            【千のほたる】

り~タンは、6才に元気な女の子。り~タンは、大好きなグランパとバ~

バ、パパとママ、そして弟のトキ君と一緒に暮らしていました。

ところがある日、おじいちゃまが身体をこわしたんで、グランパとバ~バは

おじいちゃまのお家に引っ越して行きました。

そのおじいちゃまは、去年の3月に天国に行ってしまいました。グランパに

よると「おじいちゃまは『千の風』になって、り~タンたちを見守ってくれて

る」そうです。

その年の6月の終わりに、り~タンは、グランパとバ~バと一緒に里山に

ほたるを見に行きました。たくさんのほたるが、り~タンを出迎えてくれまし

た。グランパとバ~バが「ほ・ほ・ほたる来い……」と歌うと、不思議なこと

に小さな光が、り~タンに近づいて来ました。り~タンが手を差し出すと1

匹のほたるが、てのひらにちょこんと乗ってくれました。その可愛さに、り~

タンは「お家に連れて帰ろうヨ」と言って、てのひらに乗せたまま、車で帰ろ

うとしましたが、途中で元気に光をはなっていたほたるが、急に元気をなく

してしまいました。バ~バが「このままだったら、ほたるさんが死んでしまう

ヨ」っ言ったんで、り~タンは道路のはしの草むらに、ほたるをおいてや

ました。すると元気がなかったほたるが、今までで一番明るい光をはなち

ました。まるで「り~タン、ありがとう」とでも言うように。り~タンはそのほた

に向かって「来年も会おうネ」って、手をふりました。

それから1年がたち、今年もり~タンは、グランパとバ~バと一緒に、里山

にほたるを見に行きました。するとどうでしょう。去年より多くのほたるの光

が、り~タンを出迎えてくれました。今年は、グランパやバ~バが、あの

「ほ・ほ・ほたる来い……」を歌わないうちに、一番大きな光をはなっていた

ほたるが、去年と同じように、り~タンの所に飛んで来てくれました。ほた

るは「去年はありがとう」と言ってるように、また、り~タンのてのひらにちょ

んと乗りました。その時です。り~タンが「グランパ、このほたるは『千

風』になったおじいちゃまかも知れないネ」と言ったんです。り~タンの目に

は、このほたるが『千の風』ならぬ『千のほたる』に見えたんでしょうネ。

今年、り~タンは、その場に『千のほたる』をおいて「また来年会おうネ」と

いながら、笑顔で手をふっていました。


スポンサーサイト


プロフィール

極楽トンボ

Author:極楽トンボ
極楽トンボのブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。